絆プロジェクト~八和華のゆりをお届けしました~(株式会社山崎文栄堂)

 

「ゆりを通じて愛と生きる力をお届けしたい」

 

山崎文栄堂のともちゃん(櫻井)です。

KIZUNAプロジェクトで、当社のサービスをご利用いただいている大切なお客様に八和華のゆりをお届けしています。

先日は、体に優しいオーガニックの食事を提供されている株式会社el&sの塚本サイコ社長とお会いし、八和華のゆりをお渡ししました。

ゆりをお渡しした後、お客様からは、

「先日は素敵なゆりの花をありがとうござました!

とにかくエネルギーが感じられ同時に幸せなイメージも描ける香りが華やかなゆりでした。

この八和華のゆりをいただき、オフィスに飾った直後に、新しいメンバーに良き方を採用できてお迎えできたんですよ!」

と、うれしいメッセージをいただいました。

直接お会いしてお話をするのは約1年ぶりで、とても楽しい時間でしたし、八和華のゆりが新しいつながりもつくってくれたようでとてもうれしかったです。

これからも八和華のゆりを通じて、愛と絆と生きる力をお届けしていきます!

 

 

「人と人とのつながりを大切にしたい」

 

山崎文栄堂のかおりん(幾田)です。

先日わたしは、KIZUNAプロジェクトを通して、“made in Japan”と“顔の見えるものづくり”をキーワードにオーガニックコットンの製造販売をされている株式会社アバンティの渡邊智惠子会長に八和華のゆりをお届けしました。

渡邊様は2020年12月11日の感謝祭にもお越しくださり、私たちのことを応援してくださっています。

「素敵なゆりをありがとうございます。お花はみんながエネルギーを貰える。素敵な活動ですね。」と言っていただき、ヒーローズクラブの活動にも深くご共感いただきました。

オーガニックコットンと木目を基調とした優しいオフィスにゆりを飾って頂き、明るいオフィスがさらに明るくなったようでした。社長を始め、社員の皆様にもお喜び頂きうれしかったです。

これからも、人と人との繋がりを大切に、八和華のゆりとともに感謝と明るさを拡げる活動をしていきます。

 

 

 

「心がつながる瞬間を拡げていきたい」

 

山崎文栄堂のむーちゃん(上村)です。

KIZUNAプロジェクトを通して、私も大切なお客様、株式会社イマージョンの青木仁美様に八和華のゆりをお届けしました。

お会いすると、いつも青木様から優しさや元気を頂いています。

お渡しした時は「どうしたんですか!」と驚かれていましたが、KIZUNAプロジェクトの人と人のつながり、ゆりが届けてくれるエネルギーをお伝えしました。

「素敵なお花をいただきまして、本当にありがとうございました。久しぶりに上村さんの元気なお姿を拝見できてとても嬉しかったです。コロナ禍においても明るく活動されている御社の行動力に励まされました。」
とメッセージも頂きました。

青木様とお会いして、笑顔や人とのつながり、相手を大切に思う気持ちを実感することができて、とてもあたたかい気持ちになりました。

これからも、人と人とのつながり、心がつながる瞬間、八和華のゆりと一緒に拡げていきます。