愛と光の感謝祭

ヒーローズクラブ和太鼓チーム・ダンスチーム 感謝祭(飛天)公演への道 第6回合同レッスンレポート③(銀座 鮨 おじま 編)

 「責任感とみんなを引っ張る力を強めていきたい」 銀座鮨おじまの尾嶋琢広(たくちゃん)です。10月10日、府中の森芸術劇場でダンスチーム、和太鼓チーム、初めて共にステージに挑みました。本番前には舞台の流れ、立ち位置、入れ替えの流れなど最終確認し、緊張が高まりました。

ヒーローズクラブダンスチーム 感謝祭(飛天)公演への道 第6回合同レッスンレポート②(株式会社ISHIDA編)

 「熱い気持ちに引っ張られる瞬間を感じました」 株式会社ISHIDAの秋山です。初めて、舞台に立ちました。とても緊張したのと楽しくなった感情があります。ダンスも、頭が真っ白になりそうでしたけど、躍り切れました。終わった時、とても感極まりました。このメンバーだからこそ、

ヒーローズクラブダンスチーム 感謝祭(飛天)公演への道 第6回合同レッスンレポート①(株式会社山崎文栄堂 編)

 「本当に仲間の存在が心強かったです」 山崎文栄堂の大河原(かわらちゃん)です。本日は初めて観客の皆さんに私たちのダンスを披露した素敵な日となりました!幕が閉まってステージに立ったときは、そこまで緊張しませんでしたが、幕が上がり観客の皆さんが見えた時に、緊張!

和太鼓 ラスベガス&感謝祭 チーム第3回合同練習レポート③(株式会社山旅人 編)

 「学びの機会を頂ける事にとても感謝しております」 株式会社山旅人の堀祐希(ゆうきちゃん)です。和太鼓合同練習に参加しました。今回改めて気づいた事ですが、太鼓リーダーから「リズムは後で良い、まずは基礎練習をしよう」と指導頂き、1日2,30分を目処にメトロノームで100テンポの四分音符、八分音符、三連符、

和太鼓 ラスベガス&感謝祭 チーム第3回合同練習レポート②(株式会社山崎文栄堂 編)

 「私達は楽しませる演者なのだと実感しました」 山崎文栄堂の山崎登(やまちゃん)です。今日の全体練習は、本番さながらのエキサイティングなものでした。今までは7チームに分かれていたのが、完全にワンチーム一体となりショーをつくっていきます。太鼓演奏をするということは、音楽家であ

和太鼓 ラスベガス&感謝祭 チーム第3回合同練習レポート①(株式会社ISHIDA 編)

 「楽曲を身体に覚えさせる」 こんにちは、株式会社ISHIDAのヒデ(岡田)です。前回までの楽曲から感謝祭チーム"担ぎ太鼓"の楽曲が、合わせやすくなりました。楽曲を身体に覚えさせる練習方法を続けて行きたいと思っています。まだ、太鼓を叩く事に集中している為、表情が硬くなります。来賓の方々に

ヒーローズクラブダンスチーム 感謝祭(飛天)公演への道 第5回合同レッスンレポート⑤(愛和食品株式会社 編)

 「本番に自身のベストが出せる様に頑張ります!」 こんにちは。愛和食品株式会社のクリボーです!新たに「believe in soul」のパート別練習あり難しかったですが、個人的には今までで1番集中して出来ました。後は帰ってコソ練します。完成度が高まれば絶対かっこいいと思います。先生方、いつも親身に教えて

ヒーローズクラブダンスチーム 感謝祭(飛天)公演への道 第5回合同レッスンレポート④(株式会社S.T.S 編)

 「本番まであと3ヶ月」 STSのしゅんです!今回のダンスでは各グループが色々な振り付けを練習していました。本番まであと3ヶ月とあっという間ですので、今は少しでも皆と楽しく踊れるように努力をしていきたいと思います。本番までチーム一丸となって頑張ることを目標にしていきます。

ヒーローズクラブダンスチーム 感謝祭(飛天)公演への道 第5回合同レッスンレポート③(株式会社ヴァリアント 編)

 「いよいよ本番を感じて来ます。」 ヴァリアントのろこです。今回もダンス練習お疲れさまでした。今回は今までで一番汗をかきました!いままでこんなに練習してきたのにまだ筋肉痛になる個所があるのかという驚きと共に、まだまだ自分の動きの中でも磨いていける部分があるという発見が

和太鼓 ラスベガス&感謝祭 チーム第2回合同練習レポート⑦(株式会社メディアラボ 編)

 「一打一打、一声一声、一瞬一瞬に魂を込めて」 メディアラボの長島(むっちゃん)です!今回も最高の練習でした!府中の森芸術劇場の実際のホールを使わせていただいての練習。本番さながらの環境で和太鼓を叩くと、響きが違う!みんなの音の拡がりが、空間を埋め尽くします。

和太鼓 ラスベガス&感謝祭 チーム第2回合同練習レポート⑥(株式会社山旅人 編)

 「自分の甘えに気づくことができました」山旅人のゆうきです。ヒーローズクラブの先輩で、遠方の会社の方が、たったひとりでもスタジオを借りて練習されている事を聞いて、自分の中で声には出さなくてもどこかで思っていた「自分は関西で、東京の皆さんのように練習する機会が少ないし…」と甘えていた自分に気づきました。

和太鼓 ラスベガス&感謝祭 チーム第2回合同練習レポート⑤(株式会社S.T.S 編)

 「魂を震わせるような感動で、皆さんに喜んで頂きたい」 株式会社S.T.Sのじんちゃんです。今回は丸一日和太鼓練習の時間となりました。最初に全体で基礎練習を行った時、50名もの人数が一打一打を合わせていくと、音が段々と合っていき、身体に響く感覚がありました。手をあげる位置や振り方

和太鼓 ラスベガス&感謝祭 チーム第2回合同練習レポート④(株式会社山崎文栄堂 編)

 「本番のイメージができました」 こんにちは、株式会社山崎文栄堂の若狭(けんちゃん)です。今日は和太鼓合同練習ありがとうございました。初めて登場から最後までリハーサルができて本番のイメージができました。なにより、私たちが楽しく演奏する、会場全体に楽しさを響かせることがとても大切だ