第2回 和太鼓チーム2021合同練習 (株式会社ISHIDA編)

 

「チームISHIDAでレベルアップを」

 

株式会社ISHIDAのよう兄です。

今回は担ぎ太鼓の練習をしました。今年の太鼓は全部セレクションとなり、全ての楽曲参加をコミットしていますので、今までほとんどやったことのない練習でした。

基本姿勢から、バチの握り方、基本中の基本から教えていただきました。

長胴太鼓と勝手が全然違っていて、普通に叩くことすら出来ず、苦戦しました。

2年前に太鼓をはじめた頃の自分を思い出し、早く慣れるよう練習が必要だと思いました。

今年から始めたチームもすでにかなり練習が進んでおり、今年の太鼓チームのスピード感や本気度を感じます。

チームISHIDAを挙げて、仕事と同じようにみんなで自主練習に取り組み、レベルを上げていきます。

次回まで指にタコができるくらい全力で取り組んでいきます!

ありがとうございました。

 

 

「身体でおぼえていきます!」

 

株式会社ISHIDAのがんちゃん(岩野高行)です。

今回は基礎練習と大海祭の練習をしました。

太鼓を叩く前は姿勢を意識しているのですが、いざ太鼓を叩き始めると姿勢のことを気にしてる余裕はなくなり、ホワイトボードに書かれてる黒丸と白丸を必死に目で追ってる自分がいます。

基礎練習をしっかり練習して、身体で覚えて行きます。

まだまだ上手く叩くことは出来ないですが、身体を動かし、いい汗をかいて気分爽快でした。

次回も楽しみです。

 

 

「基礎練習の大切さを認識しました」

 

株式会社ISHIDAのヒデ(岡田義秀)です。

昨年より太鼓メンバーに入り、姿勢や腕の振りなど意識していますがまだまだです。

基礎練習も目で追い、腕を振り、となるとなかなか上手くいかないものでした。

大海祭を叩くのに基礎練習は、とても大切なんだと認識しました。

次回、合同練習には、叩けるようにします。

 

 

「基礎と姿勢をしっかりと」

 

株式会社ISHIDAのアキ(秋山義人)です。

2回目の練習では、基礎練習と大海際の練習をしました。

若い頃の自分は、基礎練や基本、基礎という言葉に拒絶反応を起こしていましたが、仕事としてしっかりやろうと、意識してやるとすごくスムーズに入ってきました。

また、教える際に、視覚・聴覚・体感にアプローチして教えていただいたので、すごく分かりやすかったです。

基礎と姿勢をしっかりこなして、頑張ります。

 

 

「まずは徹底的にやってみます!」

 

株式会社ISHIDAのおくちゃん(奥寺典彦)です。

緊張しつつも楽しい時間はあっという間に過ぎました。

「大海祭」はやりたかった楽曲のひとつでしたが、いざ叩いてみると全然ついていけず、戸惑うばかりでした。

基本練習が7割と聞き、まず徹底的にやってみようと思いました。

テンポ、アクセント、強弱つけて練習するぞ!姿勢を正して、肩甲骨で打つ!

次回が楽しみです!