【日本を元気に】第1回 実語教Zoom勉強会(愛和食品株式会社)

 

「日本の原点の考え方を学ぶ事はとっても大切なこと」

 

こんにちは。愛和食品のやすです。

本日の感想です。少しだけ実語教を事前に勉強したのですが、昔の日本人は本当に凄いなぁと改めて感じています。

いくら時代が進化しようとも会社の経営経営理念のように日本の原点の考え方を学ぶ事は日本人としてとっても大切なことだと私は考えます。
仕事をするだけではなくこのように学びながら共に成長していく
こんなことができるのがとっても楽しみです✨✨

会社が、ただ仕事をするだけの場所ではなく、みんなで楽しみながら、学び成長できる場へとステージを変えていけることが楽しみです。
個人個人が自分の価値を高め、さらに成長していきましょう!

 

 

「学びの原点を知れる良い機会」

 

こんにちは。愛和食品のトールです。

実語教という言葉は聞いた事はありましたが、中身について知る機会はありませんでした。
まだ少しだけではありますが、かつての日本の子供達が学んでいた事に触れる事ができました。現在の義務教育では語られない、学びの原点を知れる良い機会であると思い、今後も楽しみです。

 

 

「あたりまえを自分はどこまで出来ているか」

 

こんにちは。愛和食品のタッチーです。

実語教に入る前の説明のなかで、13歳位までに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅びるという言葉が印象的でした。
今回実語教は一文のみの勉強でしたが、あたりまえの事を言っていますが、そのあたりまえを自分はどこまで出来ているか考えさせられました。
言葉を覚えるだけでなく【考える】事が大事です。
今後も学び、実行できるように努力して参ります。

 

 

「日本の歴史・文化を見直ししていきたい」

 

こんにちは。愛和食品のひらつーです。

実語教の存在を知りませんでした。
よく大河ドラマなどで、寺小屋で学びながら、素読している子供たちの姿を見ますが、もしかしたら実語教だったのかもしれません。
アードルド・トインビー博士の民族が滅びる3つの原則の中で、『12歳~13歳までに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく百年以内に滅びる。』と書いています。
日本人として古来の学びをさせてもらえる機会を与えられること大変有難いです。今回の勉強会を機に、日本の歴史・文化を見直ししていきたいと思っています。