ヒーロー達の物語
HISTORY OF HEROES

長い葛藤の日々から、 奇蹟のパートナーシップへ辿り着いた幸せな夫婦のビジョン。

株式会社 山崎文栄堂

社長夫人 山崎 美濃子

東京・渋谷区のオフィス用品販売会社、株式会社山崎文栄堂の山崎登社長のご令室である山崎美濃子さん。

ワールドユーアカデミーで学び始めたのは実は山崎社長よりも美濃子さんが先で、2010年6月のことでした。
きっかけは 夫の知人が家を訪れて、熱心に受講を薦めてくれたことでした。
“美濃子ちゃんが、とにかく楽になるから”と。私とはそれほど近い間柄ではなかったその方が、私のためにたくさんの時間と想いをかけて話しをしてくださったことに
“こんなに親身になってくださる方がいるんだ” と思ったのを覚えています。

長い闘いの日々。

当時は結婚して12年。きっとその方は、自分が何とかしなければこの夫婦は終わってしまうように見えたのだと思います。
別の方には“たくさんの人に会ってきたけれど、あなたみたいに辛そうな人は初めて見た”と言われたこともありました。」と、
当時の苦悩を感じさせない、透き通るような美しい眼差しで語ります。

しかし、その境地に至るまでに、美濃子さんは「長い闘いの日々」を過ごしてきました。

「学びを経た今なら、二人の間にコミュニケーションエラーがあったことが理解できます」と、記憶を辿りながら話し始めた美濃子さん。

結婚当初から美濃子さんにとって山崎社長は一言でいうと“訳のわからない人”。長年、夫の言動が理解できずにいました。
新婚旅行から帰ってきた時は「“これが成田離婚する人の心境なのか?”と思ったほどでした」と振り返ります。

そこから自分なりに夫との向き合い方を試行錯誤してきた美濃子さん。
金銭感覚の違いにも悩まされ、何度も感情が爆発してしまい、大喧嘩になることもあったそうです。
「どこまで話しても平行線でした。“僕も社員のため、家族のためにこんなに頑張っているのに!”と言われて…。
ずっと“本来伝えたいことが聴いてもらえていない、知りたい事の答えが得られない”という感覚があり、もどかしかったです」

二人の会話は「お互いが壁に向かって話しているようなイメージだった」と美濃子さんは言います。

「素直で一生懸命なのが彼の長所なのですが、当時の私にはカチンとくることばかりでした。今となっては笑い話ですが、こんなことがありました。

“最近の私たち、ちょっと、どうなのかな?”
結婚2ヶ月が経った頃、私が思い悩んで相談を持ちかけた時、夫は目をキラキラさせて
“美濃子、僕たちは今、幸せの階段を一歩一歩登っている感じがするよね♡”
と答えたんです。

“彼には私が幸せいっぱいに笑っているように見えているんだ。この人は何も見えていないし、聞こえていない、感じていない。私のことを何もわかってくれない”
と、ガラガラと何かが崩れ落ちていくような感覚でした。
「私はわかってもらえない。」
「言っても通じない。」
美濃子さんは次第に、夫と対話することを諦めてしまうようになっていました。

ヒーロー達の物語一覧を見る >