ヒーロー達の物語
HISTORY OF HEROES

自分たちのオフィスを自分たちの手で作っていく!
「整理整頓からヴィジョンをデザインしていくサポートを」
~幸せな働き方の実現を目指して~

株式会社山崎文栄堂

課長 清家 美奈

「会社の危機をきっかけに、チームの世界観が変わりました。大変な状況で、あきらめることもできるけど、あきらめない選択もあるんだ!という選べる自由が手に入った。
世の中を変えていく一つとして、中小企業だからこそできることがあるんだと気づいたんです。」
凛として語るのは、株式会社山崎文栄堂書類整理サポート事業部課長の清家美奈氏。
会社のトラブルについて、静かに語ってくれました。

2016年11月に商品取り込み詐欺被害にあった同社。「被害にあった翌日幹部で集まり、みんなで腹の底からそれぞれが発言し方向性を決めたんです。」

ヴィジョン経営を実現している同社の山崎社長の方針のもと、即座に幹部が一致団結し今後の取り組みについて話し合ったと言います。

社長である山崎氏は、事件の後追いをするのではなく、既に会社の立て直しに向かっていました。それは、日々まずは社員が健康でいることが大切なんだというヴィジョン経営からなる方針であったといいます。

中には家庭があり、生活を心配する幹部メンバーもいたそうです。しかし、ほとんどのメンバーは、不安がないわけではなかったものの、これを良い機会として捉え、出来ることをやっていこうと決心したといいます。

その時、清家氏が取り組んだことについて話してもらいました。
「今お取引しているお客様にもっとお役に立っていくには事業部を越えてトータルで役立っていく。他の事業部同士のお客様をつなぐ。新規開拓もあるけど、今いる私たちのお客様を大切に!そこに力を入れました。」
「さらに、10%会議(1週間のうちの10%を未来のことについて話し合う時間として使う金曜日の午後1時~5時)の中で、
今まで当たり前に使っていた経費を適正に見直すことにも取り組みました。」
「目的を持った取り組みで経費を削減する」
こうして決算月である翌年8月までに“黒字回復をして終えよう”というコミットをみんなでしたそうです。

その結果、有言実行でV字回復を果たした同社。
その結果について、清家氏はこう語ります。

「事件翌日の打ち合わせの時に、腹の底からそれぞれが発言し、チームで話し合った。その時間の積み重ねが良い結果を招いたんだと思います。」

また、トラブルに見舞われる中、設備投資も怠らなかった同社は、その状況下で1千万円を投資してオフィス改革を果たします。

「普通の会社だったら、そんな状況でオフィスのためにお金を使うことなんてしないと思います。でも、1千万を投資して、オフィスを変えるんだ!という姿勢を変えなかった。
結果その活動が、みんなの新しいことをやっていくんだ!という明るさや期待感を生んだんです。」と語ります。

「詐欺にあったのは、私たち。お客様には関係ない。山崎文栄堂の動きを止めることのほうが良くないと思った。その流れを止めると、ただの代理店をやっている営業会社になってしまう。
個人の幸せも考えた。働き方へのチャレンジの中で、やっぱりやっていかないと、と思ったんです。これをチャンスと捉えました。」といいます。

「一つは、危機感から。」
「昔のように、言われたことを言われたとおりにする、ずっと同じやり方を続けていくという仕事の仕方は効かなくなってきたんじゃないかと。
女性ならではの視点かもしれませんが、自分で考え、自分で表現していく会社が魅力的に見えるんです。そういう会社が結果、良い意味で目立ってきてますよね。」

「うちの会社でも、今までの事をただ続けていくことに限界が来ていた。自分で考えて、もっとああしたらいい、こうしたらいいと考えていかないと生き残っていけない。
人口が少なくなっているのが背景にあって、奪い合いをしていたけれど、そこから抜けるには、新しい選択肢を創り、広げていくしかないと思ったんです。」

将来をしっかり見つめ、未来の働き方についてもブレない清家氏。

管理職である女性ならではの目線で、強くたくましい中にも愛と思いやりのある優しさを感じました。

ヒーロー達の物語一覧を見る >