ヒーロー達の物語
HISTORY OF HEROES

「やっぱり幸せじゃないなって。感情を殺して生きていってもやっぱり幸せじゃねーなって思えた。」 「あるべき姿」を模索し、完全結果主義者だった鈴木正人社長が今求める幸せな働き方とは。

MCSグループ

代表 税理士・CFP 鈴木 正人

「もっとこう役に立ちたいなって、もっと提供できることないかなって。」と記憶を辿るように話すのは、2年前からワールドユーアカデミーに参加している福島県の本宮会計センター三代目社長、鈴木正人氏です。

そんな鈴木氏はほんの数年前まで、社員が辞めていくことは“誤差の範囲内”だと考えていて、社員に対して次のような心持ちでいたのだそうです。

「人が気持ちを踏みにじられる辛さだとか、裏切られる辛さだとか傷つく感情に蓋をして、とにかく前に進んであんまり向き合おうとしなかった。」

「当たり前に3代目として歓迎されると思っていた」

振り返れば、バブル絶頂期の東京で会計事務所につとめていた鈴木氏が、初代社長であった父が亡くなり経営が二代目社長に移っていた本宮会計センターに戻ることを決めたのは、東京で約10年の経験を積んだ31歳の時でした。

当初社員として入社しましたが、「当たり前に、3代目として迎えてもらえると思っていた」と、当時個人事務所での実力もさほどなく、顧客もまだ付かない自身が感じた孤独や歓迎されていない感があり、周囲に認めてもらうためには何が必要かと模索し、専門の会計学だけでなく、中小企業の為に役に立ちたいという目標から経営や社長学を夜な夜な読んでは書写するようになったそうです。

「自らセミナー講師としてセミナーを開催する事で徐々に顧客が増え始めた」

鈴木氏は月1回のペースで東京で行われるセミナーにも、「もっと勉強がしたい」という一心で通い続けましたが、いつしか似通ったトピックのセミナーでも受講者を夢中にさせる講師とそうでない講師の違い、言わば「講師のいろは」に気づいたことがきっかけで、自身でもセミナー講師を勤めるようになり、中小企業に向けたセミナーを開催しながら営業にもさらに力を入れるようになると、地元福島のより多くの人に自社を知ってもらったことで顧客が徐々に増えていきました。

33歳で3代目に就任してから本格的に鈴木氏が本宮会計センターを率いるようになり、よりよいサービスを生み出し利益を上げ、着々と会社の規模が拡大し、社員の数も5人から30人以上にまで増えていったことは、鈴木氏が社長として描いた未来図を実現したと言えるものだったことでしょう。ただ鈴木氏の中には、心では納得できていない部分が常にあり、そこにおよそ8年間ついてきてくれた40代の社員が理由もはっきりとわからないままに会社を去ってしまうという出来事が起きて、心のしこりとなっていました。

その頃、まだ会うのも2度目だった知人にお酒の席で胸のうちを打ち明けてみた鈴木氏は、話を聞いたその知人が泣き出す様子を目の当たりにし、「そんなに僕のことを心配してくれてるんだ。なんて優しい人なんだ」と、久しく味わっていなかった感情に包まれます。

後に友人となったその人は、流した涙の本当の理由を「鈴木さんを思っての涙ではなく、去っていく社員がかわいそうで涙していた」と話したということですが、その涙は鈴木氏の心が動き出すきっかけとなり、ワールドユーアカデミーでの研修をスタートした鈴木氏は、利益を上げても満たされなかった自分の心と向き合うようになっていきました。

そして、長年押し殺してきた鈴木正人という一人の人間としての感情は、社長としての鈴木氏を塗り替えていくようになるのです。

「社員が辞めるって言った自分が泣いてないのに、隣で知人は泣いていた

「こう自分の姿っていうか自分の内面を、自分が感じたことを絵にしていくんだよ。不思議なことは、なんでその絵を描いたのか、なんでその色を使ったのかで。いろいろ、なんだろう、こう感じるまま言葉にしていくとすごく自分が不思議に見えてくる。」

ワールドユーアカデミーで、こういった感情と向き合う心のトレーニングを積むようになった鈴木氏は、社員がしてくれたどんな小さな事に対しても「ありがとう」と素直に感じることができるようになり、その感謝の気持ちを以前よりストレートに表すようになりました。すると鈴木氏は、まず一番近くにいた秘書のモチベーションが目に見えてあがっていることを実感するようになったそうです。

「プラスαの一つ仕事を頼んだ時のプラスαの中身の濃さがぜんぜん違うし、あとは自分からとにかくその仕事を進めてくれる。だから僕の期待値以上の、そこまでやってくれたの、ほんとありがとねっていうシーンがものすごく増えた。」

ヒーロー達の物語一覧を見る >