ヒーロー達の物語
HISTORY OF HEROES

幼少時代からの「闇」を超えて 共に歩める兄や仲間に出会えた感謝

京橋白木株式会社

専務取締役 竹下 雷太

平成16年3月大学を卒業した私は、父が3代目を務める京橋白木株式会社に入社しました。
先に入社していた兄が本社勤務だったため、私は営業所兼倉庫勤務になりました。
子供のころから夏休みなど事あるごとに手伝いと言う名目で連れて行かれ、倉庫の奥で兄と遊んだ場所でした。

 

4人兄妹の末っ子として生まれ、上の姉2人とは年の差もあったため、可愛がられて育ちました。
待望の長男として生まれた3才差の兄とは兄弟喧嘩もしょっちゅうでしたが、仲の良い兄弟で兄の後ろについてよく遊びに出かけました。

 

 

格闘技好きな父の勧めもあって兄弟で習い始めた柔道。
通い始めた道場に行きたくない兄は私だけ行くと親に叱られるため、私にも休めと無理やり休ませ、そのまま休みがちとなったため一度退会しました。
昔から兄は奔放で、そんな兄を見て育ったため叱られないようにして過ごしてきたところがあります。

 

その後、兄が中学生になると父親に柔道部に入るよう説得され嫌々入部。
それを見ていた私は自分が何もしなければ、ますます兄弟喧嘩に勝てなくなると思い再度習い始めました。
その時は辞めてまた戻るのが恥ずかしいのもあり、父の取引先の方が教える道場が赤坂見附にあった道場に、駅周辺に止まっている黒塗りの車を横目に一人で通い始めました。

 

柔道を始めてちょうど一年で千葉県優勝。
関東大会でも準優勝など成績を収められるようになりました。
いずれも体重無差別だったため自信にもなりました。

 

この頃、父は仕事から帰ってくると試合のビデオが擦り切れるまで見てくれていて、もっと頑張ろう、喜んでもらえるんだと嬉しかったと同時に、その頃兄はあまり成績が出ていなかったため自分に注目してもらえる、自分が勝っているという優越感もあったと思います。

 

どこかで兄は長男・跡継ぎだから贔屓されている、大事にされているんだと思ったり、何でもソツなくこなす兄に対してひがんでいる自分がいたように思います。

 

思春期でも仲の良い兄弟ではありましたが、柔道で成績を出すようになった兄に対して、私は周りの期待ほど成績を出せなくなっていたこともあり、どこかでまた自分に注目してもらいたいという気持ちを持っていたかもしれません。

 

大学卒業も近くなり柔道に携わりたいと教員への道を考えていた私に、父親は卒業したらすぐ会社に入るよう言いました。
部活も引退し、家にいる時間が多くなりましたが、この頃の父は体調を崩していて会社に行かなくなっていました。

 

なかなか決まらずにいた教員への道を諦め、入社することにきめた私は、卒業前から少しでも頭に入れておくよう、帳簿などを渡され自宅で毎日眺めていました。
会社に行かない父親は毎日電話で会社の銀行残高をチェックするのが日課で、何も知らない私は会社がどんな状況なのか全く知る由もありませんでした。

 

4月まで待つことなく、卒業式を終えるとすぐに入社しました。
毎日狭い倉庫で荷物を上げては下ろし、手書きの伝票をチェックするのが日課でした。
そんな毎日を過ごす中で、ある日兄が社員を集めて初めて作ったA4判の経営計画書を配り、売上を10億円にすると言いましたが、僕を含めて誰もが無理だと思って聞いていました。

 

それでも、兄である社長が先頭に立って新規開拓をしていったことが大きく、売上は伸びていきました。
一見すると若い社長が頑張って順調に伸びていたので、外から見れば良い会社と思われていたようでした。
しかし社内の雰囲気は良くなるわけではなく、辞めていく人が続きました。

 

当時は拠点が分かれていたため、社長は本社で私は営業所に常駐していました。
社長は新規事業のためグループ会社を作ると、本業はあまり見なくなりました。
たまに営業所に来ては何か文句を言われるため、私も来てほしくないと思っていて、社員も何か言われるんじゃないかと顔を合わさないようにしていたと思います。

 

 

社員から何か相談があるときは私か幹部の萩原に来ますが、良くない情報はすぐに報告せず、機嫌の良いときにしようとタイミングを伺っていました。
逆に私が本社に行くと営業同士で仕事以外のことを話すこともなく、黙々とパソコンに向かっていました。

 

デスクが社長の近くだった幹部の萩原も静かにしていました。
当時は私と萩原の接点も少なく、事務所は嫌な緊張感があり居心地の悪い場所でした。

 

いつからか採用を任された私は、自分の感覚で採用を決めていましたが、欠員が出れば補充するといった状態で、社長も私も3年もいてくれれば十分だという感じで諦めていました。

 

人が辞める度に社内の雰囲気は悪くなり、社員から「話があるんです」と言われる度に、また辞めるのかとドキドキしていました。自分で採用を決めているのに、その人から辞めたいと言われるのが本当は辛くて、何もできないことに
情けなくなりましたが、どうしていいか分からないという状態でした。
退職の話が出る度にイライラした社長が自分に当ってくるのも嫌で、採用なんかやりたくないと思うことばかりでした。

 

 

ヒーロー達の物語一覧を見る >