ヒーロー達の物語
HISTORY OF HEROES

人の繋がりが希薄な時代だからこそ 信頼と愛情の絆を職場からお客様へ、社会へ広げていきたい

愛和食品株式会社

執行役員 小松 昌弘

何やっても楽しく、うまくいった新人時代

愛和食品株式会社の執行役員として全社を統括する小松昌弘氏。
新卒採用第一号の社員の一人として入社して23年。
現社長である早川恭彦氏を最も近くで見てきた人物でもあります。

当時の社員は60人。
社長であった先代、そして後継者として入社して数年の早川氏、愛情深い先輩たち、今でも全員残っているという同期に囲まれ、恵まれた新人時代を過ごします。

「新人ではなかなか会えないような経営者の方との商談や、チケット一枚を手に海外へ仕入れ先を探しに行ったりと、同世代の若者では経験できないような、あらゆる経験をさせて頂きました。
若かったからこそ、何をやっても怖くなかったですし、当時常務だった今の社長は、兄貴分のような存在で、いつも私のチャレンジを後押ししてくれました。
何をやってもうまくいく感覚があり、とにかく毎日が楽しかったです」

休みの日も仕事の延長のような感覚で、大きな店舗の出店情報が入ると車を飛ばして見に行ったり、精力的に活動していた小松氏。

「その時代の遊技場業界は景気がよく、活気がありましたから、その分、魅力も大きかったです。努力をすればするほど返ってくるから、寝ないで働いても平気でした。
しかし、今思うと、だからこそ、どんどん麻痺していって、結果的には疲弊してしまったのだと思います」

心も感情も封じ込めて機械のように働き続けた10年間

景気とともに会社も成長し、社員数が250人にまで増えていく中で、社内でのコミュニケーションが今まで通りにはいかなくなり、ボタンの掛け違いが起きたり、批判を受けたりと人間関係で悩むことも多くなります。

さらに、業界の景気もピークを過ぎると、今度は今までと同じやり方が通用しなくなり、社内も数字を追いかける方向に向かっていきます。

“批判を受けないようにしなければ”
“自分の上司に迷惑をかけてはいけない”
“数字を達成しなければならない”

ただ、がむしゃらに働き続ける一方で、今までのように勢いでチャレンジすることにも制限をかけるようになり、感情を封じ込めるようになりました。

「辛い、という感覚はなかったのですが、毎日を淡々とこなしていくような、乾ききった日々で、まるで機械のようでした。笑わないし、怒らない。“ロボットみたい”と言われることもありました。朝起きて、会社に行って、仕事して、夜帰ってくる。毎日同じことを、ルール通りに、ただこなす。気持ちや感情の起伏もまったくない。そんな状態が10年くらい続いていました。今考えてみると、つまらなかったですね。」

ヒーロー達の物語一覧を見る >