ヒーロー達の物語
HISTORY OF HEROES

幹部という鎧と武器を捨てたときスッと心が楽になった

株式会社TD・K

常務取締役 橋本 良平

 

屋久島の研修は自分も会社のチームの一員であるという自覚を芽生えさせた

 

山登りの研修を通じて彼は、何か大きなことに対して仲間の協力があることでその負荷を笑顔で分担し支え合う事の大切さや、また自分やチームが動くことで拡がる可能性という新たな視点に気付いたと言い、そしてその気付きは社員に接する姿勢を再度見直すきっかけへと繋がっていきます。

 

当時、自分が思い描く理想の幹部の姿へ近づく為に必死になり「こんなにも頑張っているのになんで伝わらないんやろう」と考えれば考えるほど、相手の出来ていないところばっかりが気にとられていましたが、屋久島の過酷な登山で自分には支えてくれる頼れる部下や仲間がいるんだと気づいた瞬間、ふっと気持ちが軽くなりました。

 

自分が部下に認めてもらいたい欲求と同様に、部下もまた「必要とされている」や「認めてもらうこと」を必要としているのではないだろうかと、違う角度から物事を見つめる目を養えた事、つまりそれは今まで良平氏に制限をかけていた幹部と言う役職の鎧を脱げた事を意味していたのでしょう。

 

 

役職にとらわれず、自らチームの一員として行動することで拡がる可能性は計り知れない。

最近では部下から話しやすくなったと言われる良平氏は、目に見える業績の伸びよりも、社内での支え合いや、思いやりなどの目には見えない部分を重要視し、前よりもしっかりと部下の意見に耳を傾けるようになったと言います。離職率も下がり、「方針についていけない」や個人がバラバラで孤独を感じるなど、以前のような理由で辞める社員はいなくなったそうです。

 

「今は悪かったなって思う。自分がもうちょっと早く気付いていれば、こんなことにならなかった。会社の状況も悪くならなかっただろうし、救えた仲間もいた。もっといろんな事が出来たのにな。」と話す良平氏の過去を思い返し遠くを見つめる瞳には、チームの手で確実に困難を可能性へと転じられる自信が感じらます。

 

 

最高の仲間からしか出せない結果がある

 

「月一回、ワールドユーさんの研修に参加をさせていただき、先に学びを始めた社長や同じく学んでいる会社の部下と、共通の話が出来るようになりました。素直な自分でいる関係性が社内に出来てきています。
研修を通して出会った仲間のおかげで、一人では解決できないことも助けていただき、安心感や新しいことに挑戦する勇気をもらっています。
人と人との違いを学び、今までコミュニケーションが上手くいかなかった理由が分かってきて、自分の接し方も変わってきましたし、何より心がすごく楽になってきました。」

 

良平氏の経験からも見て取れるように、一方通行で指導、誘導されて塗り替える社内環境はどうしても「息苦しさ」や「コントロールされている」などのネガティブな空気感をもたせてしまいますが、社員自ら自由に経験し、その中から各々感じて気付くことで新たな付加価値が生まれ、一人一人が自立しながらも支え合う新たな可能性が拡がっていく気がします。

 

仲間を尊重し感謝できる社内環境を企業側がどう提供できるかどうかでこの先、企業の価値は決まっていくのでしょう。

ヒーロー達の物語一覧を見る >