ヒーローズクラブ和太鼓チーム・ダンスチーム 感謝祭(飛天)公演への道 第6回合同レッスンレポート⑩(愛和食品株式会社 編)

 

 

「精度を高めていく」

 

こんにちは。愛和食品株式会社の荒木大地(だいちゃん)です。
ホールを使わせて頂いた為、本番のような空気感で踊ることが出来ました。
個人としては、会場に飲まれず楽しく踊ることが出来たのが何より収穫でした。
残された時間で12/12に向けて精度を高めていきダンスチームの楽しいという気持ちがお客様に伝わるようなダンスを届けたいです。12日の練習も頑張っていきます!

 

 

「ステージに立った時の高揚感」

 

こんにちは。愛和食品株式会社の高橋透(トール)です。
ステージに立った時の高揚感は今まで感じた事のない気持ち良さでした。見ている人に楽しんでもらいたいと思いながら、自分自身が精一杯楽しんでダンスを踊る事ができました。また、初めての本番という事で、直前の練習では今まで以上に他企業の方ともコミュニケーションをとる事ができ、大変貴重な時間を過ごす事ができました。
今回、感じた気持ちを会社に戻っても忘れずに、周囲の方が元気になってもらえるような自分でありたいと思います。そして12/12の本番に向けて、残りの時間で出来る事を全てやっていきます!

 

 

「練習の成果を披露することができた」

 

こんにちは。愛和食品株式会社の大場貴史(オバジ)です。
見られている緊張感もありましたが、なにより楽しむことができました。これまで毎日ダンスを続けてきて、その練習の成果を披露することができた一日でした。
本番まで残り二か月間を切っておりますが、日々の練習を大切に取り組んでいきたいです!そして本番当日を全力で楽しみたいと思います!

 

 

「高鳴る鼓動」

 

こんにちは。愛和食品株式会社の宮﨑茜(ザッキー)です。
胸に手を当てた瞬間、高鳴る鼓動に自分自身が楽しんでいることを実感しました。
良い緊張感の中、みなさんと一緒に楽しめた1日となりました。
まだまだ足りないところや精度をあげるところ等に気づくことができましたので
12月12日に向けて日々本番の様に踊る意識を持って取り組んでまいります。

 

 

「非常に充実した1日でした」

 

こんにちは。愛和食品株式会社の栗原学(クリボー)です。
初めてダンスメンバー全員でステージに立ち踊りましたが、非常に充実した1日でした。
自分自身、今できる表現や技術面、全部出せたと思っております。
しかしながら、振付や立ち位置からの移動などを頭で考えて踊っていたので、表現力はまだまだでした。
今後、更に精度を高めていき、表現力(楽しさ)を自分は勿論、他のダンスメンバーやお客様に対して魅せれる様に意識して取り組んで参ります。
お客様側からの実際の映像が見てみたいです!
ありがとうございました。

 

 

「本番が本当に楽しみです」

 

こんにちは。愛和食品株式会社の早川敏江(トッティ)
観客のいらっしゃるステージでみんなで発表できたのは、とても良い刺激になりました!本番に向けてみんなで表現力をつけ、更にレベルアップしていきます。
そして、最も刺激になったのは彩のパフォーマンスでした!!全力を出されている姿に痺れましタァ!!演じる(仕事)とはこう言うことだ!!と教えていただきました。
少しでも近づけるように練習していきます。また、太鼓チームの演奏は毎回レベルアップしていくので、本番が本当に楽しみです。